ようこそ実力至上主義の教室へ 第10話

ようこそ実力至上主義の教室へ 第10話 動画ストーリー

ようこそ実力至上主義の教室へ 第10話の画像

ようこそ実力至上主義の教室へ10
裏切者の中で最も危険なる裏切者は何かといえば、すべての人間が己れ自身の内部にかくしているところのものである。

特別試験の初日が終了した。やっとDクラスの生徒たちは一つにまとまり、協力して無人島生活を続けられる態勢になる。そんな中、綾小路と堀北は他クラスがどのように試験に臨んでいるか調査し始める。高い団結力を活かし、ポイントを有効に節約しながら、無人島生活を楽しんでいる一之瀬たちBクラス。洞窟をベースキャンプに定め、その内部を決して見せようとしない葛城たちAクラス。だが、最も理解に苦しむ行動をしているのは・・・。

引用元:公式サイト

ようこそ実力至上主義の教室へ 関連

"ようこそ実力至上主義の教室へ 第10話"への1件のコメント

  1. 匿名
    No: 62303 2017/10/18 9:37 AM

    やっぱり政治は要らない国民で決めて行けば良い、
    政治は権力がダメにしてしまう、
    民意もなく国民の生活も物事も分からず、
    問題や課題だけを増やし何も解決して来なかった
    ツケが溜まり悪影響や歪みも生じさせる、
    いずれ核のごみも先人が残した地球史上最悪の大問題
    (負の遺産)として子孫に語り続けられる事になるだろう、、
    愚かな先人を持つと子孫はたまったものではない、
    政治をなくし国民で決める事ができれば変えられるだろう、
    国民で決めて行ける民意の国を期待してる‼︎
    政治よりもっといい国になる事ができるだろう、、
    民意を裏切る政治では国がよくなるはずがないだろう、、
    旧態の政治は要らない、

放送中アニメ

放送中アニメ

放送終了のアニメ

このページの先頭へ