とある科学の超電磁砲 第7話

とある科学の超電磁砲 第7話 動画ストーリー

とある科学の超電磁砲 第7話の画像

とある科学の超電磁砲7
能力とちから

連続爆弾テロ「虚空爆破(グラビトン)事件」の被害が拡大する第七学区。場所にも時間にも一貫性がなく、手掛かりすら残されていない犯行に、風紀委員(ジャッジメント)も警備員(アンチスキル)も手をこまねいていた。犯人の使っている能力は『量子変速(シンクロトロン)』。しかし、これだけの規模の爆発を起こせる能力者は「大能力(レベル4)」以上で……。

引用元:公式サイト

とある科学の超電磁砲 関連

"とある科学の超電磁砲 第7話"へコメントしてね!

放送中アニメ

放送中アニメ

放送終了のアニメ

このページの先頭へ