戦姫絶唱シンフォギアG 第10話

戦姫絶唱シンフォギアG 第10話 動画ストーリー

戦姫絶唱シンフォギアG 第10話の画像

戦姫絶唱シンフォギアG10
喪失までのカウントダウン

降下する「それ」は、フロンティアに施された封印解除に必要な出力確保のため、人のフォニックゲイン――小日向未来の躯体を得た神獣鏡のシンフォギアであった。本来の目的とは異なる、ウェル博士の大胆な神獣鏡の運用に驚きを禁じ得ないマリア。胸の想いを歪められた少女は戦場に雄叫びをあげ、愛を剥き出しにする。暴力を制圧し、無力化させるのは自分こそが相応しいと…。

引用元:公式サイト

戦姫絶唱シンフォギアG 関連

"戦姫絶唱シンフォギアG 第10話"へコメントしてね!

放送中アニメ

放送中アニメ

放送終了のアニメ

このページの先頭へ