昭和元禄落語心中 第11話

昭和元禄落語心中 第11話 動画ストーリー

昭和元禄落語心中 第11話の画像

昭和元禄落語心中11
八雲と助六篇⑩

温泉街のそば屋で出会った少女、小夏こそが助六とみよ吉の子どもだった。菊比古は小夏の案内でついに助六と再会するが、その姿はあまりに落ちぶれていた。みよ吉に落語を辞めさせられ、仕事をするでもなくその日暮らし。水商売をしながら助六を支えてきたみよ吉も、愛想を尽かして出て行ったという。菊比古はそんな助六に・・・。

引用元:公式サイト

昭和元禄落語心中 関連

"昭和元禄落語心中 第11話"へコメントしてね!

放送中アニメ

放送中アニメ

放送終了のアニメ

このページの先頭へ