ぬらりひょんの孫 20話

ぬらりひょんの孫 20話 動画ストーリー

ぬらりひょんの孫 20話の画像

ぬらりひょんの孫20
七分三分の盃

父を四国妖怪に殺された猩影{しょうえい}はリクオに不満を持っていた。自分に父のあだ討ちを命じない、組としてもあだ討ちをしようとしないことに妖怪としての血が収まらないでいたのだ。 一方、浮世絵町の土地神の大半をしとめ、犬神の攻撃で奴良組の戦力を見極めた玉章(たまずき)は、いよいよ奴良組への総攻撃を決め、配下に檄を飛ばす。そして浮世絵町に増大する妖気は、奴良組の者たちに・・・。

引用元:公式サイト

ぬらりひょんの孫 関連

"ぬらりひょんの孫 20話"への初コメお願いします

放送中アニメ

放送中アニメ

このページの先頭へ