ぬらりひょんの孫 18話

ぬらりひょんの孫 18話 動画ストーリー

ぬらりひょんの孫 18話の画像

ぬらりひょんの孫18
凶犬、廃墟に咆哮す

300年ぶりに四国妖怪の長、隠神刑部狸(いぬがみぎょうぶだぬき) との再会を果たしていたぬらりひょんは、このたびの四国妖怪襲来の真相を古き友より告げられる。88番目の嫁の8人目の息子にして、隠神刑部狸の神通力を最も強く受け継いだ玉章(たまずき)が、七人同行を率い、妖怪の主になろうとしていることを。その頃浮世絵町では、袖モギ様を失った玉章が・・・。

引用元:公式サイト

ぬらりひょんの孫 関連

"ぬらりひょんの孫 18話"への初コメお願いします

放送中アニメ

放送中アニメ

このページの先頭へ