ぬらりひょんの孫 14話

ぬらりひょんの孫 14話 動画ストーリー

ぬらりひょんの孫 14話の画像

ぬらりひょんの孫14
劫火と驟雨

四国八十八鬼夜行(しこくはちじゅうはっきやこう)を束ねる者にして八百八狸の長を父に持つ男、隠神刑部狸玉章(いぬがみぎょうぶだぬきたまずき)が再びリクオの前に現れた。玉章はリクオに「今回は正式な挨拶のために来た」と告げると、あらためて奴良組の乗っ取りを高らかに宣言する。それにまず異を唱えたのは、父を殺されし「関東大猿会」の二代目・・・。

引用元:公式サイト

ぬらりひょんの孫 関連

"ぬらりひょんの孫 14話"への1件のコメント

  1. はるちゃん
    No: 686 2013/04/24 8:01 AM

    ぬらりひょんかっこいい

放送中アニメ

放送中アニメ

このページの先頭へ