凪のあすから 第14話

凪のあすから 第14話 動画ストーリー

凪のあすから 第14話の画像

凪のあすから14
約束の日

汐鹿生の“冬眠”当日に開かれた“おふねひき”から5年。光やまなかの行方が分からぬまま、19歳となったちさきは紡の祖父、勇を見舞いに病院を訪れていた。「看護学校を卒業したら、ここに来るといいわよ」と看護師に声を掛けられ、微笑むちさき。短いようで長い5年という年月は・・・。

引用元:公式サイト

凪のあすから 関連

"凪のあすから 第14話"へコメントしてね!

放送中アニメ

放送中アニメ

放送終了のアニメ

このページの先頭へ