黒子のバスケ(第2期) 第10話

黒子のバスケ(第2期) 第10話 動画ストーリー

黒子のバスケ(第2期) 第10話の画像

黒子のバスケ(第2期)10
信頼だ

木吉の身体を張った奮闘により、誠凛は第2クォーターをリードで折り返す。木吉を愚弄し、バスケに不誠実な態度をみせる花宮に対して、黒子は静かに怒りの炎を燃やす。第3クォーターに入ると、霧崎第一は満を持して瀬戸を投入、花宮と瀬戸の連携による「クモの巣」で伊月のパスを100%スティールし、逆転。入れ込みすぎている日向のシュートも1本も決まらず・・・。

引用元:公式サイト

黒子のバスケ(第2期) 関連

"黒子のバスケ(第2期) 第10話"へコメントしてね!

放送中アニメ

放送中アニメ

放送終了のアニメ

このページの先頭へ