鬼灯の冷徹 第弐期 その弐 第3話

鬼灯の冷徹 第弐期 その弐 第3話 動画ストーリー

鬼灯の冷徹 第弐期 その弐 第3話の画像

鬼灯の冷徹 第弐期 その弐3
(16話) お迎え課の茶吉尼/草葉の陰

「お迎え課の荼吉尼」
お稲荷さんこと、稲荷大明神の主神は、宇迦御魂と荼吉尼天の二人である。元々悪鬼だった荼吉尼天は、今では閻魔庁のお迎え課の主任として働いているが、そのお迎え課、どうもマゾ男の巣窟になりつつあるという。ちなみに、荼吉尼天の見た目と人となりを一言で言うなら・・・。

「草葉の陰」
閻魔殿の金魚草畑で叫ぶ金魚草と座敷童子。それを見ていたシロは疑問に思う。金魚草は草なのか、何なのか。金魚草は元々、ずいぶん昔にあの世とこの世の境あたりに自生していた物を鬼灯が見つけて閻魔殿の中庭に植えなおして育てたもので、詳しいことはわからない。それ以外にも・・・。

引用元:公式サイト

鬼灯の冷徹 第弐期 その弐 関連

"鬼灯の冷徹 第弐期 その弐 第3話"への初コメお願いします

放送中アニメ

放送中アニメ

このページの先頭へ