機動戦士ガンダム00(ファーストシーズン) 第12話

機動戦士ガンダム00(ファーストシーズン) 第12話 動画ストーリー

機動戦士ガンダム00(ファーストシーズン) 第12話の画像

機動戦士ガンダム00(ファーストシーズン)12
教義の果てに

これまでの教えや、古い慣習に倣って生活をしようとする保守派と、深刻なエネルギー問題を改善し、豊かな国作りをしようとする改革派とにアザディスタンは二分していた。改革を推し進めるため擁立されたマリナだったが、思うようにいかない内情と外交に疲弊していた。そんな最中、保守派の筆頭である、マスード・ラフマディが何者かによって拉致されるという事件が起こる。

引用元:公式サイト

機動戦士ガンダム00(ファーストシーズン) 関連

"機動戦士ガンダム00(ファーストシーズン) 第12話"へコメントしてね!

"機動戦士ガンダム00(ファーストシーズン) 第12話"への1件のコメント

  1. きんだに より:

    刹那に出て行けと言った老人。ああいう考え方が戦争を起こすんですけどね。

放送中アニメ

放送中アニメ

放送終了のアニメ

このページの先頭へ