機動戦士ガンダム 第34話

機動戦士ガンダム 第34話 動画ストーリー

機動戦士ガンダム 第34話の画像

機動戦士ガンダム34
宿命の出会い

修理を受けないままサイド6に戻ったホワイトベースは、出港までの刻限を切られていた。そのひとときに父に遭おうとバギーを走らせたアムロは、突然の豪雨を避けて立ち寄ったコテージで、湖の白鳥を見つめる不思議な少女と遭遇する。父とのつらい別れを済ませたアムロは、帰路にバギーを立ち往生させてしまった。その窮状を救ったのは、戦艦ザンジバルでサイド6に入港した・・・。

引用元:公式サイト

機動戦士ガンダム 関連

"機動戦士ガンダム 第34話"へコメントしてね!

"機動戦士ガンダム 第34話"への1件のコメント

  1. きんだに より:

    ララァは富野監督は金髪美女に、脚本家はインド系の女性にと意見が分かれていたそうですが、安彦さんがインド系の女性のキャラデザインで挙げてきたのが決め手になったそうです。やっぱりこっちの方が印象強いですね。それにしてもアムロのニュータイプとしての能力はたたいま増大中ですね。シャアはまだしもララァが敏感に反応してましたね。

放送中アニメ

放送中アニメ

放送終了のアニメ

このページの先頭へ