機動戦士ガンダム 第33話

機動戦士ガンダム 第33話 動画ストーリー

機動戦士ガンダム 第33話の画像

機動戦士ガンダム33
コンスコン強襲

ドズル・ザビ中将は、シャアの無能さを証明するために宇宙要塞ソロモンからコンスコン機動部隊を出撃させた。パトロール中のGアーマーは謎のモビルアーマー“ブラウ・ブロ”を撃破し、ホワイトベースは中立国家サイド6の領空内へと無事に入ることができた。その査察を担当する検察官カムラン・ブルームは、かつてミライの婚約者であったが、ミライはその歓待に・・・。

引用元:公式サイト

機動戦士ガンダム 関連

"機動戦士ガンダム 第33話"へコメントしてね!

"機動戦士ガンダム 第33話"への1件のコメント

  1. きんだに より:

    アムロが父親に抱いた感情は子が親に老いを感じた時のものに近いかもしれません。仕事優先で家庭をほったらかしの様でもたまに帰ってくればちゃんと父親らしかった父が自分にかけてくれた気遣いさえ失っていた寂しさは言葉にはし難いでしょうね。対照的にカムランは変わらないが故にミライに振られる訳ですが。

放送中アニメ

放送中アニメ

放送終了のアニメ

このページの先頭へ