機動戦士ガンダム 第08MS小隊【OVA】第6話

機動戦士ガンダム 第08MS小隊【OVA】第6話 動画ストーリー

機動戦士ガンダム 第08MS小隊【OVA】第6話の画像

機動戦士ガンダム08ms-ova06
熱砂戦線

発売期間:1996年1月25日~1999年7月25日
監督:神田武幸(第1話~第5話)/飯田馬之介(第6話以降)
制作:サンライズ
内容:08小隊の面々は、砂漠にある巨大なクレパスを目指して移動を行っていた。そこは、キキの協力によって発見されたジオン軍の射爆場であり、クレパスに穿たれた高熱によるビームの痕が残されており、その場所がアプサラスの運用試験のポイントであることを物語っていた。そして08小隊は、射爆場付近に陣を組み、アプサラスを撃墜するための待ち伏せ作戦に入るのだった。そんな中、ミケルは集中力を欠き、ミスを連発していた。その原因は、ミケルの恋人からの手紙にあった。彼女からの手紙には、別れを示唆する内容が書かれており、キキはその中身を読んだことで…。

引用元:公式サイト

機動戦士ガンダム 関連

"機動戦士ガンダム 第08MS小隊【OVA】第6話"へコメントしてね!

放送中アニメ

放送中アニメ

放送終了のアニメ

このページの先頭へ