機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第33話

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第33話 動画ストーリー

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第33話の画像

機動戦士ガンダムSEED DESTINY33
示される世界

シンは、ステラの亡骸を一人静かに湖へ葬った。「君を守る」という約束を守れなかった悔しさで、泣き叫び続けるシン。ようやく顔を上げた彼の目には、暗く固い決意の色が宿っていた。  後日、ミネルバはベルリンの郊外で改修作業を行っていた。ステラの一件を心配してシンの部屋を訪ねたアスランは、フリーダムとの戦闘を想定したシミュレーション中のシンとレイを見て…。

引用元:公式サイト

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 関連

"機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第33話"へコメントしてね!

"機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第33話"への1件のコメント

  1. きんだに より:

    戦略と実行の男デュランダル一世一代の大芝居でした。次回公演はオーブ戦の頃です(笑)。あとおバカ・・・じゃなくて大バカシンがステラにしてあげられた唯一の事、それは人として死なせてあげた事ですね。

放送中アニメ

放送中アニメ

放送終了のアニメ

このページの先頭へ