機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第8話

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第8話 動画ストーリー

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第8話の画像

機動戦士ガンダムSEED DESTINY8
ジャンクション

オーブに入港したミネルバは修理と補給の為、モルゲンレーテのドックに入った。代表首長として政務に復帰したカガリはウナト等首脳陣から地球とプラントの関係が抜き差しならない状況になっていることを知らされる、そしてそれに対するオーブの立ち位置の決断を迫られようとしていた。一方、つかの間の休暇を楽しむクルー達。 そこでは互いを知らず…。

引用元:公式サイト

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 関連

"機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第8話"へコメントしてね!

"機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第8話"への1件のコメント

  1. きんだに より:

    アスランとカガリのキスシーンはアスランの右肩が不自然でどうも気に入らなかったのだが、リマスター版では良くなっている。最初っからそれでやれよと言いたい。

放送中アニメ

放送中アニメ

放送終了のアニメ

このページの先頭へ