機動戦士ガンダムSEED 第30話

機動戦士ガンダムSEED 第30話 動画ストーリー

機動戦士ガンダムSEED 第30話の画像

機動戦士ガンダムSEED30
閃光の刻

ザラ隊のブリッツを討ったキラを待っていたのは、マードックや整備兵の賞賛の声だった。拳を握りながら、やりきれない気持ちで聞くキラ。一方、大切な仲間ニコルを失ったザラ隊は動揺を隠せない。そんな中、アスランは心のどこかで本気で彼と戦えなかった自らの甘さを悔やみ、責めていた。次こそ必ずその手で、とキラを討つことを決意するアスラン。再びアークエンジェルを捕捉したザラ隊は…。

引用元:公式サイト

機動戦士ガンダムSEED 関連

"機動戦士ガンダムSEED 第30話"へコメントしてね!

"機動戦士ガンダムSEED 第30話"への1件のコメント

  1. きんだに より:

    正直嫌なんですよね。このいかにも「ここで死にましたよ。もう助かりませんよ。」みたいな描き方しといてあとでちゃっかり生きて出て来るの。ガンダムシリーズでこれ以前にも以降にも結構出て来るんですが作り手側は演出のつもりでも見る側にとっては詐欺に近いですね。ましてキラは主人公なんだから生きてる可能性を匂わす画像を一瞬入れるとかの配慮が欲しいですね。

放送中アニメ

放送中アニメ

放送終了のアニメ

このページの先頭へ