「昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 一覧」の記事一覧

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第12話 最終回

あれから、早15年――。与太郎と小夏の子ども、信之助は二つ目に、小雪は高校生になった。落語と心中しようとした者、落語に自分を捧げようとした者・・・数奇な縁が紡いだ物語は、確実に次代へと繋がっていた。菊比古、助六、八雲の名・・・

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第11話

小夏と縁側で与太郎のラジオを聴いていた八雲。不意に迷い込んだロウソクの並ぶ道で、二代目助六に再会する。そう、ここは三途の川。助六に案内されながら、冥途を目指すことになったのだ。道中、軽口を叩き合いながら・・・。

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第10話

終演後の雨竹亭が火災に遭い、一人高座に上がっていた八雲が大やけどを負ってしまう。一命を取り留めたものの、復帰はますます難しくなった。災難なのはそれだけではない。東京で唯一の寄席が全焼してしまったのだ。落語の未来に暗雲が立・・・

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第9話

時代が変わろうとも揺るぎないものがある。与太郎にとってのそれは、八雲の存在だ。刑務所で聴いた『死神』に天啓を受け、どこまでもついていくと決心したという。その真っ直ぐな想いにあてられたのか、八雲は落語と自らの死に思いを馳せ・・・

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第8話

上方落語に復帰した萬月、弟子を取るようになった与太郎。八雲の引退発言が引き金となり、誰も彼もが八雲の芸、八雲とともにあった落語を残そうとしていた。樋口も八雲の資料集めに奔走し、足跡を形としてまとめようとするが、当の本人は・・・

放送中アニメ

放送中アニメ

このページの先頭へ